交渉による回収

売掛金の催促をおこなった際に、すぐに全額を支払うことはできないが、少し待ってもらうか、分割ならば支払えるというような連絡が来る場合もあります。その場合は、裁判所を通さずに、書面や電話、対面で任意交渉をおこなって回収がのぞめる可能性があります。

この際に注意すべき点は、相手の資産内容や経営状況を把握しておくことです。もしも相手が多くの債務を負っていて、破産する危険性が高いのであれば、一定の値引きをおこなってでも早期に回収する方がいいでしょう。

売掛金を確実に回収するためには、担保を取ることが有効です。担保権は、仮に相手が倒産したとしても影響を受けないため、担保となっている財産を強制的に売却するなどして、売掛金を回収できます。

交渉による売掛金の回収は、相手との関係悪化を未然に防げるという大きなメリットがあります。しかし、単に相手の要求をのむばかりでは、その後の回収がうまく進まなくなる可能性もあります。より確実な回収をのぞめる交渉のためには、弁護士による助言を受けることをおすすめします。買掛金との相殺や、債権の譲渡など、効果的な回収方法を提案してくれるでしょう。そして、いざという時に法的手段を取るための証拠を収集することもできます。